もっけのさいわい

あると良いな、勿怪の幸い

台風が来る中、伊勢参りした話 弐日目

 

ごきげんよう

気づけばもうあれから1週間になるのか。

 

終日雨予報です、台風が来ているもの

二日目です。分かっていましたが、雨でした。
朝の時点では台風が来ている割には思ったより降ってないかな? ぐらいだったんですけどね。

豊受大神宮 (伊勢神宮 外宮)

f:id:noazamino:20171028190229j:plain

f:id:noazamino:20171028190412j:plain

f:id:noazamino:20171028190439j:plain

まずは外宮から。
だいぶ降ってきましたが、これはこれで…ね。厳かなのには変わりありません。
この旅行で添乗員さんから「秘密の場所」なるところを教えていただいたり、豆知識ととか諸々聞けて良かったです。
秘密の場所っていっても別に入れない場所ではないんだけど、よくパンフなどにも載っていないだけあって、人もほとんどいませんでしたね。
雨だったからってのもあるだろうけど!
外宮ではお守りも買いました。内宮にはないデザインのものね。

倭姫宮

f:id:noazamino:20171028191039j:plain

f:id:noazamino:20171028191054j:plain

f:id:noazamino:20171028191112j:plain

別宮で最も新しい(?)お宮。
この辺りから、頻繁にカメラに曇りができるようになってカメラ頻度が下がりました。
写真撮りに来てるわけではないので、これが正しいのかもしれないけどね。
森のような場所もなかなか良かったです。
あと時間なくて行けなかったけど、神宮徴古館なる建物が素敵でした。
そこだけ、日本的ではない感じなのも不思議。

月讀宮

f:id:noazamino:20171028192458j:plain

f:id:noazamino:20171028192532j:plain

四宮並んでいて、造りの違いもよく分かるのは月読宮ならではかもしれませんね。
この辺りから一層雨は強くなり、そして個人的に小銭も足りなくなってきたのでわたわたしています。あと、雨に濡れてるのもあってだいぶ寒い。

猿田彦神社

f:id:noazamino:20171028193009j:plain

f:id:noazamino:20171028193028j:plain

f:id:noazamino:20171028193048j:plain

この辺りに住む方の初もうでといえば、ここ猿田彦神社らしいです。
個人的なお願いしても良いからね。
ここでは事前にお願いしてあったそうで、神職の方のお話も聞けてちょっと嬉しかったです。割と説明がフランクなところあったのが少し面白かったです。
名前忘れたけど、この干支がぐるっと書いてある石(?)ですが、方位学に基づいて触る順番によってご利益が変わってくるそうです。
というわけで、いくつかある中、精神的な安定金運というセット且つこれしかないでしょう…と思った場所に触れてきました。

写真はありませんが、同じところにある佐瑠女神社にもお参りしてきました。

皇大神宮 伊勢神宮 内宮

f:id:noazamino:20171028194006j:plain

ラストはもちろん、ここです。
まともに撮れた写真がこれだけだった内宮。これですらまともに撮れてないけどな!
台風接近につき、五十鈴川は閉鎖されていました。
まぁ、橋から見た五十鈴川はこれ以上降り続いたら氾濫を予感させるレベルでしたし、どこから流れてきたのかかなり大きな丸太がえらいスピードで下っているのを見ました。

添乗員さん曰く、土日にこれだけ空いている内宮はなかなかない、だそうです。そう思います。
空いているからサクサク参拝できるだろうと思っていたのですが、なんだかんだあって自由時間の残り時間とおかげ横丁あたりの散策を考え、子安神社など今回見送ってしまったので、次はちゃんと参拝にいきたいです。

雨の中駆け足しつつ回った旅行でしたが、大変楽しかったです。
また行きます。

台風が来る中、伊勢参りした話 壱日目

 

ごきげんよう

逆になかなかできない体験。

 

伊勢参りへ行こう

台風が来るのは知っていたが、敢行するならそりゃ行くわけで。
というわけで、10月21日、22日と一泊二日のお伊勢旅へ行ってきました。
今回、下記のバスツアーを利用しました。

www.shikiclub.co.jp

ちなみに数年前に同じ会社の夜行で行く伊勢ツアーにも参加してます。
なのでお伊勢参りは2回目です。前回行かなかった所にも行けるツアーだし、宿泊タイプなので前回より料金的にはアップしまくってますが、結果から言うと良かったです。
台風がね! 台風だけがね!!
大変でしたが、その台風のおかげもあって伊勢神宮はかなり空いていたんですけどね。

 

二見興玉神社

f:id:noazamino:20171024221522j:plain

f:id:noazamino:20171024221549j:plain

f:id:noazamino:20171024221611j:plain

早朝新宿を出発し、着いた先は波乱を予感させる二見浦。
前回行ったときは日の出を見ましたが、今回は昼過ぎに到着。
既に雨です。分かっていたけど!!

二見興玉神社蛙たち好きです。一つ一つ表情も形も違ってみんな可愛いの。
この旅で、ついに御朱印帳をはじめることにしました。
前々から興味があったのもあるんですが、事前に調べていたらここの御朱印帳が可愛くて、はじめるにもちょうど良かったのもあります。一緒に行った友人にも行くバスの中、「二見の御朱印帳可愛いんだ! 見て!!」と鼻息荒く語っていたら、友人もここからはじめることになりました。神様のことを知り、大事に集めたいですね。

神明神社

f:id:noazamino:20171024222455j:plain

f:id:noazamino:20171024222526j:plain

f:id:noazamino:20171024222545j:plain

通称石神さまです。
前回プラン外だった神明神社。女性の願いなら一つは叶えてくれるとかくれないとか
石神さんは近日お引越しをするそうですね。
お引越しといっても、同敷地内で5メートルくらいみたいですが、大ごとです。神事。
引っ越し前の忙しい時に若干の申し訳なさを感じながら私欲にまみれたお願い事をしてきました。金運的な意味で。

f:id:noazamino:20171024223022j:plain

そうそう、かたつむりがいました。
かたつむり見るの久しぶりすぎて思わず写真撮ってました。あと、何故か幟にカマキリもいました。何故そんなところに…強い。それは撮り忘れたけど。

写真では分かりづらいと思いますが、神明神社にいる数十分の間、激しい雨に見舞われ、カメラ出すのも億劫な上に、持って行った傘から雨漏りしだすという事件があり、これからの日程により不安を感じています(主に傘に対して)。

伊雑宮

f:id:noazamino:20171024223543j:plain

f:id:noazamino:20171024223558j:plain

f:id:noazamino:20171024223612j:plain

一日目ラスト、伊雑宮
デジカメの設定を一切いじっていないのに、何故か伊雑宮だけホワイトバランスが他と違う感じがするんですよね。オートで撮ってるわけじゃないんだけどねぇ。
雨の感じもしない不思議。

御神田も思いを馳せ撮る。

 

神話や伝承など、あまり詳しくないんですが、この旅の添乗員さんはベテランの方が担当されるようで、バス移動中にちょくちょく挟まれるお話が大変興味深かったです。
「今まで疑問にも思っていなかったけど、言われてみればそれって何で?」な話とかね。
この翌日行くけど、話を聞いていると倭姫も大変だし、そりゃ可哀そうというか、不憫だとは思うわなぁ。

花が咲いた話

 

ごきげんよう

どうもこうも寒い上に雨が多く、日照時間が足りません。

 

それでも咲いてくれました

リトープス

f:id:noazamino:20171019231631j:plain

晴れ間に咲かせたリトープス。
可憐で可愛いです。
放置かましまくった上に、色々調子を崩したりしたので本当に咲くとは思っていませんでした。ありがたいことです。

プンクタツス

f:id:noazamino:20171019232108j:plain

ようやく咲きました。これも晴れた日の朝に。
思ったより可愛いな。もっとこう…毒々しい花が咲くのかと思ってました。
個性的と言えばそうだけどね。
あと、こいつは思ったより、鼻に訴えかけるような香りではなかったです。
…微妙に鼻の具合が良くなかったから分からなかっただけかもしれませんが。

イオナンタ フエゴ

f:id:noazamino:20171019232850j:plain

いつの間にか色づいていました。
しかしこうも雨続き、フエゴと言えば! な真っ赤な色づきには程遠いです。

f:id:noazamino:20171019233041j:plain

うーん…。

f:id:noazamino:20171019233100j:plain

もう少し晴れてたら、もう少し染まってくれただろうか。
お日様が恋しい。

最近(うなぎ・矯正展 他)の話

 

ごきげんよう

数日寒くて体調ぐずぐずです。

 

うなぎを食べよう

だいぶ前から、美味しいうなぎを食べたいと思っていたのですが、
ようやくうなぎも旬を迎えつつあるので、うなぎを食べに行きました。
念願のうなぎ!!

f:id:noazamino:20171017223850j:plain

前菜というかつまみに骨唐揚げ! 美味い!!

f:id:noazamino:20171017224000j:plain

う巻!! うなぎを引き立たせる優しい卵焼きの味付けが素晴らしいです。

f:id:noazamino:20171017224149j:plain

倶利伽羅焼き。 剣とヘビを模してるとは知らなかった。
たれで頼んだけど、正解! でも次があるなら塩でも食べたい。美味しい。

f:id:noazamino:20171017224307j:plain

うなぎ!!!!!!!!!!!

はぁ…これが美味しいんだよねぇ。うなぎ美味しい。柔らかい、美味しい。
たれがまた美味しいんだ…。あとね、ご飯もね、やや硬めかなって所あったんだけど、それが合うんですよね。
だいぶ前にぶらり一人川越へ行ったときにもうなぎを食べたんですが、そこでは小骨が喉に刺さるという地味につらい体験をしましたが、今回は全てが柔らかかったです。
だいぶ前すぎて味の比較はできないんだけどね(ただ、川越で行ったうなぎ屋さんで注文した頼んだ若竹煮が凄く繊細かつ美味しかったのは覚えてる)。

体調が万全ではなかったので一番上の注文はしなかったんだけど、次行けるなら特上頼んでみたい。特上だと肝吸いになるの。あとデザートにフルーツが付く。でも、個人的に私はフルーツの大半が好きではない(アレルギー含む)のでそこがネックである。

 

矯正展へ行こう

立川拘置所の矯正展、あすなろフェスタへ行ってきました。
行ってきたんですが、今年は都合上午後から割とギリギリに行ったので、拘置所見学も写真もないんですが、楽しかったです。
去年は拘置所内見学とか性格診断とかいろいろしたんだけどねぇ。

とはいえ、何しに行ったかと言えば、狙いは刑務所作業製品です。
人によってはそういう製品を買うとか言語道断、なんて言う人もいるみたいですね。

今年買ったもの

f:id:noazamino:20171017225504j:plain

f:id:noazamino:20171017225522j:plain

今年は笠松刑務所の方が作った七宝焼きネックレスを2つ。
1つにしようと思ったんだけど、折角だからね。ちなみに自分で選んで買ったのは右の丸い方。蝶の方は、同行者とブースの担当の方に大プッシュされたのでお買い上げです。可愛いし、付けてみたら結構いい感じだったしね。

f:id:noazamino:20171017230009j:plain

f:id:noazamino:20171017230032j:plain

ちゃんと説明もされてるのも良いよね。
あとね、一番は安いことだよね。賛否あるけど。

以前にも矯正展でマル獄シリーズのトートとか南部鉄器の急須とか買ってるのですが、これらは今でも気に入って使っています。使い勝手良いの。

買い物だけではなく、内部展示も所々闇が見えたりして興味深かったです。
少年院に居る方の日記とか、退院した方のその後の訪問記録や、相談、就業先の方の問い合わせの報告書とかね。あと、親御さんのアンケートとかね。やや闇。諸々の拒否とか消息不明とかあるからね。

 

体調管理いかがでしょう

話は変わり前後するところありますが、ここのところ気候も安定せず、やや体調崩しがちでした。今もややそれが続いています。
追い打ちをかけるかの如く、つい先日食あたりを起こしました。自業自得ですけど。
そんなこんなで久しぶりに仕事を休みました。
食あたりってすごいね…あんなに嘔吐した記憶ないからね。汚い話になるので割愛しますが、強烈な記憶として忘れそうにもないので、もう古いおにぎり食べるのはやめます。
最近涼しいし平気だろうって、平気じゃないです。
あれだけ辛い思いをした割りに1日でケロッと治ったのも驚きましたが。

今週末にプチ旅行も控えているので、体調を万全までとは言いませんが良い状態にはしたいですね。雨だけど。あ、期日前投票にも行かないとね。

なんだかんだ言って体調管理大事です。健康が一番です。

放置系多肉の生長の話

 

ごきげんよう

あえて見ないふりをしてたものもある。

 

徒長著しいリトープス

f:id:noazamino:20171007114048j:plain

f:id:noazamino:20171007114108j:plain

見て見ぬふり筆頭のリトープスミックス。徒長もはんぱないリトープス。
夏の間、気づかぬうちにいくつか溶けたようですが、まさかの花。
随分ひどい管理だったとは思うのですが、ありがたいけど、少々複雑な気持ちです。
徒長ひどいから手術したいねぇ。

mokesai.hatenablog.com

 在りし日のリトープスミックスが上の。この時点で溶け気味なんだけどね。

夏の成長期を終えたであろうオベサ

f:id:noazamino:20171007115158j:plain

f:id:noazamino:20171007115217j:plain

今日はちょっと色の悪いオベサ。オベサに限らないけど、天気によって色味がかなり変わるのが不思議です。数日でかなり緑になったかと思えば、また数日でくすんだ色になったりします。

ちゃんと計測してなかったのが悔やまれるぐらい、オベサは大きくなりました。
34mm~35mmの間ぐらい。

mokesai.hatenablog.com

子吹いた臥牛

f:id:noazamino:20171007114655j:plain

子どもも順調に大きく…と言いたいところですが、下の子がとても可哀そうなことになっています。上の子が邪魔で片側が全然成長できないやつ。
可哀そうなんですが、これがどうなるのかも気になるし、独立させるにももう少し大きくなってからが良さそうなので、春まではこのままです。頑張れ!!

話は変わりますが、実生チャレンジで1つだけ発芽したガステリアは残念ながら駄目になってしまいました。いずれ再チャレンジを心に誓う。

ポコポコ生まれるプンクタツス

f:id:noazamino:20171007120247j:plain

f:id:noazamino:20171007120314j:plain

一時死にかけを思わせたプンクタツスですが、ポコポコと新たに増えています。
鉢的にはそっちに増えてほしくはないんですけどね! 窮屈!!
そして、なんだかこれから花が咲きそうな雰囲気です。
ガガイモの花は個性的且つ鼻に訴えかける香りらしいので、好奇心と不安な心を抱えつつも楽しみです。

 

mokesai.hatenablog.com

 

臥牛もプンクタツスもひっくり返し、植え替えするときに根が心許なかったのですが、それも乗り越え生長したのは嬉しいですね。

ストレプトフィラ(大)を水苔植えした話

 

ごきげんよう

転がしておくにも可哀そうだったので。

 

ストレプトフィラ

f:id:noazamino:20170928231340j:plain

雨降った後だったのもあって、ピンピンです。
普段は遮光した場所に適当に置いていました。
この上の写真でも分かると思いますが、かなり根が出てきています。
この夏は7月こそ暑かったですが、8月は例年より過ごしやすかった&雨が多かったのもあって、チランジア的には良い気候だったのかもしれませんね。

f:id:noazamino:20170928231843j:plain

f:id:noazamino:20170928231816j:plain根が出るのは、良い環境の証。 
嬉しい半面、これだけ密集して生えてくるとなんだか気味が悪く、やや引き気味です。

このサイズのものを着生させる素材もないし、ただ転がしておくにも接地部分のトリコームが剥げることがちょいちょいあるので水苔植えすることにしました。

3号鉢へ

f:id:noazamino:20170928232607j:plain

水苔植えといっても、鉢の半分は軽石です。水苔足りなくて。
そしていつもの上手く植えられないやつです。斜めってるね!
上手いこと自立したので、固定せず様子を見ようと思います。
出来たら針金とか麻紐とか使いたくないんですよね。
まぁ、とはいえ明日の夜にでも転げ落ちてたら即固定するけど。
新しく出る葉がみんなひょろっと細目なのが気になります。太めのどっしりした葉にするにはどうしたら良いのかしら。

亀甲竜のお目覚で支柱を作った話

 

ごきげんよう

もう一つの亀甲竜もようやくお目覚めのようです。

 

おはよう亀甲竜

f:id:noazamino:20170923202223j:plain

にょきにょき生えてきました。
無事に季節を越えられそうですね。これからが成長期です。

f:id:noazamino:20170923202632j:plain

思ったより随分手前側に生えてきたのには驚きましたけどね。
もうちょっと頂点周辺に生えることはできなかったのでしょうか。
勘違いして早々に目覚めた方は枝分かれなどせずに伸びていったのですが、この子は枝分かれして育ちたいようで、今後どうなるのか気になります。

支柱をたてよう

支柱はいずれ必要になるから考えよう、と思っていた割りに何もしていなかったので、
この子も突貫工事です。
今年は…ね! 初めの年は色々分からないこと多いからね!

f:id:noazamino:20170923203145j:plain

針金をあちこち突き刺して鳥籠風。
来年以降はもうちょっと下調べします、ちゃんと前もって準備したいです。