読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もっけのさいわい

あると良いな、勿怪の幸い

チランジアの花後とこれからの花の話

 

ごきげんよう

花が見たいです。

 

イキシオイデス交配種の花後

f:id:noazamino:20170517221652j:plain

花が終わりました。花が薄紫だったし、調べるとアエラントスとの交配の可能性が高いような? 謎は謎のままでも良いんですけどね。

花後は種を採る作業もしてませんし、するつもりもないので切ります。
根元から切ってOKらしいのですが、

f:id:noazamino:20170517221916j:plain

根元ってどこからなんでしょう? めくって切れるギリギリのラインで良いのでしょうか。根元って意外と難しいですね。

f:id:noazamino:20170517222001j:plain

何回かに分けて、適当に切りました。
微妙に残っている部分があるはずなのですが、それは勝手に枯れ落ちるのか、どうにかなるのかこれからに目が離せません(忘れなければ)。

 

これから花が咲くはず

ベルゲリ

f:id:noazamino:20170517222223j:plain

ベルゲリさんが良い感じに来てる。

f:id:noazamino:20170517222237j:plain

交配ではない、生粋のベルゲリの花が見たい。そうであってほしいです。
非常に楽しみです。
子株も出ると良いな!

イオナンタ メキシコ

f:id:noazamino:20170517222455j:plain

これもいけるはず。
鮮やかな紫。順調に咲きますように。
そして子株も出て増えますように。

 

そうそう。
やはり室内より室外の方が良いみたいなので、出来るだけ外に出しました。
長雨が続くとか、台風が来るとか、そんなことがない限り、秋ごろまで室外管理でやっていこうと思います。健やかに強く生長してほしいですね。

塊根女王の開花と亀の落葉の話

 

ごきげんよう

女王は夏型、亀は冬型。

 

断崖の女王

f:id:noazamino:20170516222147j:plain

咲き始めました。

f:id:noazamino:20170516222213j:plain

f:id:noazamino:20170516222228j:plain

蕾もいくつかあるので、これからも期待できそうです。花がいくつも咲くのは嬉しいことです。甲斐があるってやつですね!
自家受粉できるらしいですが、その辺りは、気が向いたら挑戦するかもしれないし、しないかもしれません。今のところするつもりはないんですが、どうしようかなーと。そんな増やすつもりもないしなぁ…、でも種が出来るの見てみたい気もする…、そんな悩みどころ。

f:id:noazamino:20170516222702j:plain

こいつは花は無理だと思うけど、にょきにょき出てくれることを期待しています。
断崖の女王のふわふわふさふさな感じ、とても好きです。触り心地抜群です。

 

亀甲竜

f:id:noazamino:20170516222953j:plain

亀甲竜は休眠に向け、葉を落としました。

f:id:noazamino:20170516223026j:plain

茎の部分はこんな細くて短いけど、根元から切った方が良いかしら。

f:id:noazamino:20170516223144j:plain

こっちはもはや何なのかさっぱり分かりません。
埋まっているはずですが、ラベルも何も無いと完全に何かを枯らせたあとのようです。
一緒にしていないとうっかり処分するレベルです。
秋口に期待。

さて、まだ夏には早いですが、亀甲竜の夏越しについても考えなくてはいけませんね。
ある程度大きければ動き出すまで完全断水で良いみたいですが、小さいうちにそんなことをすると全滅することがあるらしいので、水やりの見極めが難しそうです。
もうちょっと本なり、ネットなりで情報収集しなければ。

無事に夏を越せたら、それぞれ植え替えたいと思います。

サボタニ・ガステリア播種から四週間経った話

 

ごきげんよう

つまりは、あれから約1カ月です。

 

ガステリア属

f:id:noazamino:20170514213442j:plain

f:id:noazamino:20170514213452j:plain

待望の発芽! 1つだけだけど! 0と1の差は非常に大きいです。
発芽してくれてありがとう!!
正直もう駄目な予感もしていたので嬉しいです。まぁ、この後どうなるか分かりませんが。とはいえ、まだ待ちます。じっくり行こう!

 

サボタニミックス

f:id:noazamino:20170514213801j:plain

ざっくり三分割撮影。

f:id:noazamino:20170514213828j:plain

上部は見にくい部分もありつつ、ちょぼちょぼ発芽しているような。
発芽率はやはり悪い。

f:id:noazamino:20170514213853j:plain

真ん中。
真ん中なんて一番いいポジションだと思っていたのですが、猛烈に不毛地帯
1つ、2つ出ているだけ良かった…のか……???

f:id:noazamino:20170514214114j:plain

下部が一番発芽率は良いです。良いと言っても全体で言えば良くはないけどね。
一番後発だったはずの子が一番大きく、目立っています。輝いてます。
いわゆるトトロ状態です。何サボテンなのか楽しみです(うまく育てばな!)。

 

4週間振り返って

初実生でうきうきわくわく播種した訳ですが、やはり時期が早かったのでは…という気がしてなりません。

夏日があったとはいえ、同じところで種子を買った方と比べるとかなり発芽率は悪いと思います。まだ諦めたわけではないので、この状態でしばらく続けますが、まだ残っている種を播種するとして改善したいをいくつか。

 

1 時期を見誤らない

2 もっと土は深いほうが良いと思う

3 腰水するならボックスじゃなくてちゃんと浅いものを使おう

 

1についてはそろそろ良い頃合いだと思います。日中よりね、夜中~明け方の最低気温を基準にした方が良いと思いました。かなり温度差ある日があったので余計ね。
ちょこちょこ調べると最低気温と最高気温の温度差がありすぎるのは良くないらしいので失敗したと思っています。

2について。これは腰水してて思ったんですが、ひたひたになりすぎてることが多かったです。だって土は全体で2センチくらいでしたからね。そりゃ足りないよね。
ちょっと水を足したり、観察したりで持ち上げると水没・地割れが起きているのでここで種が水死したり、行方不明になってもおかしくないと思います。

3。横着して大きいボックスに入れていたんですが、これ、黒いせいもあって天気のいい日は相当熱くなっていたと思います。暑いじゃなくて本当に熱い。最近ようやく気が付きました。気温の高い日の日中は地獄だと。これ、最悪種が煮えて死ぬわ。逃げ場ないもの。

 

今、割りとひどかったであろう環境の中、芽を出してくれたものは強く、たくましく育って欲しいと思います。
夏場にダメにしそうな気もしなくはないのですが、まずは梅雨入りまでなんとか生きてほしいです。切実に。

雷山の植え替えをした話

 

ごきげんよう

おそらく最も手をかけていないものが石斛。

 

セッコク 雷山

色々と盆栽や、多肉、チランジアなど育てている中、一番手をかけていない自信があります。水やりも一番していません(雨ざらしなので、晴天が続いたときに週1くらい、雨が降ればしばらく放置)。年間通じてほとんと放置、遮光もしていません。
そういう点では、一番育てやすいかもしれません。強健です。

遡ること2週間前(4月末)

f:id:noazamino:20170513160346j:plain

雷山の花が咲きました。
気が付くと蕾が付いて、そうこうしてるうちに開花です。
花はここだけでした。もう少しくらい蕾を付けるかと思っていたんですが。

しかし、見て見ぬふりをしていただけで、セッコクの状態としてはあまり良いとは言えないのは分かっていました…よね? 私。

f:id:noazamino:20170513160506j:plain

f:id:noazamino:20170513160458j:plain

ひどい。

それもそうです。植え替えなんてしたことありませんもの。
ということで、花が終わったら植え替えを決意しました。

本日植え替えデー

f:id:noazamino:20170513161209j:plain

花後、本日の雷山がこちら。雨に濡れて湿り気味。
これを引き抜いて、

f:id:noazamino:20170513161437j:plain

古い水苔と状態の良くない根っこを処理します。
その前に、水に浸けておいた新しい水苔を絞って少し乾かしておきます。

諸々終えて、こうなりました。

f:id:noazamino:20170513161828j:plain

あの(作業前)見た目だった割りに根っこはしっかりしていました。
古い水苔を取るといかに窮屈に植わっていたかがよく分かりますね。

真ん中の白いものは芯に使おうと思ってちぎったメラミンスポンジです。

f:id:noazamino:20170513162538j:plain

ぎゅうぎゅうに詰めて完成。
矢も増えたので、2号鉢から2.5号鉢にサイズアップしました。

セッコクの植え替えは初めてだったので、やり方と出来上がりに不安な部分はありますが、これでまた数年放置しつつ育ってくれると嬉しいですね。また来年も花を咲かせてほしいものです。

セッコク 銀雪

f:id:noazamino:20170513163321j:plain

今、ちょうど銀雪が咲いているので、こちらも花が終わったら植え替えようと思います。銀雪の白い花好きです。こちらも植え替えしたことありません。新しい矢も出ているので物凄く状態が悪いわけではないと思いたいですね。

最近行ったBarの話

 

ごきげんよう

ごく稀に行くぐらいです。

 

BAR Zolddich

先日、夜の立川で一人待ちぼうけを喰らうという出来事がありました。
「ちょっと時間がかかるから適当に時間潰すか、なんならどっかで飲んでて!」というのでウロウロ。立川って21時過ぎると時間潰すのによさそうな駅近、駅前のお店は結構閉まってますね。最近は閉店時間を早めるニュースなんかもあるのでそんなものでしょうか。そんな折、見つけたのがBAR Zolddichさんです。
名前も良いよね、「殺し屋稼業かな…」的なね。

bar-zolddich.com

その時に撮ったのがこれ(許可はいただいてます)。

f:id:noazamino:20170501220840j:plain

f:id:noazamino:20170501220838j:plain

ロングで、ジンをベースに且つ南国系フルーツを使わない(キウイとかマンゴーが駄目)というオーダーで作っていただいたもの。ローズマリーがさわやかでこれすごく美味しかったです。隣のスモークナッツは食べ(終わり)かけなら写らないようにすれば良かったと若干後悔。

この時は一人だった上に、待ち人ありだったので軽く飲むくらいだったのですが、その後、「こんな雰囲気だった」「こんなメニューがあった」といった話をしたら食いつかれたので、再び訪問しました。今回は複数人で。

 

f:id:noazamino:20170511223145j:plain

燻製に力を入れていると聞いて、頼まずにいられなかったジャーキーとチーズ。
カクテルは燻製に合うものでオーダーし、カシスベースの強いカクテルが出てきました。名前は忘れた(なんてこった)。

燻製好き!
あぁ、もう! チーズも好きだし、ジャーキーとか絶対美味しいでしょ…と思いましたが、間違いなく美味しかったです。
カクテルもかなり癖の強い感じだったのですが不思議と合うから凄い。

f:id:noazamino:20170511223344j:plain

ホワイト・レディ。

ここに限った話ではありませんが、こういったところはお店の方の記憶力の良さに脱帽します。前に一人で来たこと、ジン系を頼んでいたこと(写真は無いけど2杯飲んで両方ジンベースだった)が、前回と違うバーテンダーさんだったにも関わらず知られていました。まぁ、前回お会いしたバーテンダーさんも居たので情報の共有が出来ていたんだろうけど。

f:id:noazamino:20170511223357j:plain

鯛の冷燻。これも美味しかった。鯛美味しいよね。旬もあるから今のうちに食べておきたいよね。あとね、箸置きが可愛いの。ダックス(多分)。

本当にどうでもいいのですが、ここの方で知り合いを少しワイルドに寄らせたらきっとこんな感じにドンピシャな方が居てついチラチラみてしまいます。すごく似ている。

 

Barってなんとなく一人で行くにはハードル高いと思っていたのですが、初めての一人Barがここで良かったと思います。雰囲気も良いし、こういってはなんですが、結構庶民的なところが良かったです。隣でスマホゲーで店員さんと話してる人もいれば、今期アニメの話が聞こえてきたり、そうかと思えばちょっと大人なカップルの方もいらっしゃってBarデビューにはもってこいだったと思います。チャージ料も高くないし。
あと燻製も好きだし! ほどよい距離感でした。
しかし、ちょっと飲み食いする分にはもっと安上がりにできるところなんて山ほどあるので、たまにちょっと良い雰囲気を感じたいときに行きたいですね。

一番の問題は立川にそう頻繁に行くかといえば、そんなことは無いことなんですよね。

GW中に増えたチランジアの話

 

ごきげんよう

増えるのは仕方のないこと。

 

GW新入りチランジア

ゴールデンウィーク、土日+カレンダー通りのお休みです。
またチラ庭さんへ行ってきたり、大盆栽まつりに行ってきたりしました。

 

ティランジア・ガーデン

f:id:noazamino:20170506225017j:plain

T.tenuifolia Purple Fan & T.geminiflora

テヌイフォリアは見た目一目惚れ、ゲミニフローラは実は欲しかったチラの一つだったので、お迎えしてきました。チラ庭さんも久しぶりの入荷だったそうで、ラッキーでした。

ラッキーついでに、梱包が今回ウスネオイデスでした! 写真のテヌイフォリアの下は全ておまけ(梱包)でいただいたウスネちゃんです。
梱包用のため、様々なウスネまぜこぜだそうです。

というわけで、なんとなく、とりあえず、やってみよう、の精神で

f:id:noazamino:20170506225832j:plain

長めの太め、中くらい、細めで分けてみました。
束ね方はフィーリングなので間違っている可能性も大いにあります。おぉ、怖い。
写真では分かりづらいですし、ミスティングしてみて初めて気が付いた部分もありますが、微妙に枯れてる部分もそれなりにあります。それでも無料でいただけたのです。ありがたいことです。細切れすぎたり、明らかに枯れつつあるものはそのままテヌイフォリアのクッション扱いになっています。

はてさて、ラッキー初ウスネ、どうなるでしょうか。

大盆栽まつり

大盆栽まつりはもちろん盆栽を見る・買うがメインですが、チランジア界の第一人者である藤川さんが出店しているとのことで、行けるなら行きたかったのです。
大盆栽まつりへ行くのは2回目です。
そして、この大盆栽まつりにコンデジを忘れるという大失態を犯しました。

SPECIES NURSERY

f:id:noazamino:20170506230638j:plain

はぁああああ、色々見て聞いて、結局買ったのはイオナンタなのです!

イオナンタメキシコ(左、2株物)と、イオナンタフエゴ(右)です。
イオナンタって種類が多すぎて何から手を出して良いのか分からないと思っていたのですが、それを伝えたところ、まずはそれなりにメジャー且つ強健なものが良いかなと。
グアテマラ産のイオナンタは持っていたのでちょうど良いですし! フエゴはなんとなくです。フィーリング。ドゥルイドとかあったけど、自信なかったからね!
もうちょっと知識と自信が付いたらお伺いしたいと思います。


話は前後しますが、実はこの前に別所でお買い物をしています。
順序的にはSPECIES NURSERYを尋ねたのが先なんですが…!

藤川さんをはじめ、お店の方には初心者丸だしながらお話させていただいて感無量です。そしてちょうど谷間の時間帯だったのか、カレーコーラなるもののご相伴にも預かれてかなりいい思い出になりました。カレーコーラ、香りスパイシー、味は駄菓子屋感があって、決してまずくはないが美味しいかっていうと…うーん、って感じですが、じわじわ癖になる可能性のある魅惑のコーラでした。ありがとうございました!

SPECIES NURSERYさんのご近所Aさん

名前をお伺いしましたが、一応仮名でね。

f:id:noazamino:20170506231413j:plain

このお店は藤川さんからおすすめされたところです。そしてとても良いお買い物をさせていただきました。

T.edithiae(左上)
T.bergeri(左下)
T.albertiana(右上)
T.utriculata ssp pringlei(右下)
(+おまけのウスネ)

最初、SPECIES NURSERYでエディシアエを見ていたんですよ。
そうしたら、藤川さんからAさんを紹介していただいたのです。Aさんのところの方が安いと。商売敵とかそういうあれではないんですね。
しかもAさんの所で一押し品だったみたいです。やったね!

で、Aさんのところで、チランジアに手を出して1・2年なこと、まだ初心者なので育てやすいものがあればおすすめしていただきたいことを伝えると「これは持ってる?」とポンポンと出てきました。Aさんはチランジア歴は40年だそうで、藤川さんが持ってない種類も持っているらしいです。昔は輸入するにも今より緩かったみたいですね。

そこで、ベルゲリ。
今はアエラントスとの交配種が多く出回ってるそうで、ちゃんと育てるなら本物が良いよ、とAさん曰く本物のベルゲリだそうです。早く花が見たいですね! いや別に交配種だったとしても良いけどね!! ついでに子株出てます。

アルベルティアナも子株吹いてます。真っ赤な花が咲くそうで、いつになるか分かりませんが、とても楽しみです。

そして、ウトリクラータですが、これは購入したわけではなく、話し込んでいたら「これ知ってる? 小さいやつあげるよ」と頂いてきました。クランプしやすいらしいので、ゆっくりとそれでもしっかり育てたいと思います。

下の方に微妙に映っているウスネちゃんは他のお客さんとの接客中にはらりと落ちてきたものを拾ってテーブルに置いたら「あ、落ちたの? じゃあ、それもあげるよ」と頂いてきました。
Aさん本当に太っ腹すぎです。余談ですが、私の好きな多肉の類の話もしたら、なら来年持ってくると。多くのお客さんもいるのでリップサービスだとは思いますが、そういう一言って嬉しいですよね。

サイズはまた後日しっかり測ろうと思います。

 

嬉しい悲鳴でもありますが、そろそろチランジアの置く場所がありません。場所を作らないと!!

 

盆栽の手入れを始める話

 

ごきげんよう

世界盆栽大会へは行けませんでした。

 

盆栽が輝く季節

大盆栽祭りは今日からですね。
予定が狂わなければ明日行ってきます。

その前に、少し盆栽のお手入れをしておこうと思います。

ケヤキ

f:id:noazamino:20170503161958j:plain

丸裸だったと思っていたら、いつの間にかボサボサです。
少し形を整えようと思います。

f:id:noazamino:20170503162057j:plain

こんなもんかと手を止めて、少し遠目で見てみるとまだ微妙にぼこぼこしてますが、6月に葉刈りする予定なのでその時にまた考えようと思います。やればやるほどどうにもならなくなる予感がしたらやめるが吉よね。きっと。

ルリビョウタン

f:id:noazamino:20170503162452j:plain

ぶわぁっと広がったので、

f:id:noazamino:20170503162513j:plain

それなりにバッサリ。
本当はもっと小さくしたかったのですが、下の方にあまり芽が出そうになかったので若干ひよった剪定になりました。まぁ、未だ方向性が定まらないので適当に育てている感じですししばらくはこれで良いかなー? …ということにしておきたいです。

黒松

f:id:noazamino:20170503162818j:plain

どうしてこの植え替えになったか自分でも分からない黒松。
新芽が太陽に向かって伸びるので不思議な形に。という訳で、芽摘みです。
とりあえず2か所。

f:id:noazamino:20170503162949j:plain

f:id:noazamino:20170503163010j:plain

指でつまんで、ぷちっと。

f:id:noazamino:20170503163026j:plain

f:id:noazamino:20170503163041j:plain

こっちも同じくぷちっと。

まだまだ若木なのでこれからに期待です。
じわじわと太らせたいですね。